読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿区早稲田駅前整体院yabecafe・矢部ナオトの心と体の健康法

医師が考案した整体で慢性症状改善!痛くない、気持ちよい操体法をベースにした整体。 高田馬場から1駅。東京メトロ早稲田駅30秒、新感覚な【味わう整体院】『早稲田駅前整体院yabecafe』(http://www.yabecafe.com/)を運営しております。プロも太鼓判を押す『不思議な整体』。臨床のこと、日々の暮らしの何気ないことを綴っていきます。

春の息吹

f:id:yabecafe:20160304170409j:plain
通勤途中、なるべく空をみるようにしています。

重いコートはそろそろ卒業の時期が近づいているようです。


昔、沖縄の離島でひと冬を過ごしたことがあります。
まだ20代半ばでした。

小さな島の製糖工場で季節工として働いたのです。

当時、勤めていた会社を辞め、
【さあ、これからどうしよう。何をしていこう】
と宙ぶらりんの状態で、

人づてに聞いた季節アルバイトに行ってみたのです。


なかなか、ハードな3ヶ月でしたね(笑)

来る日も来る日も

暗い工場の中での作業。

 

外は明るく、海は青いのに(笑)。
といっても季節は冬だったので、案外曇りの日が多かったのですが。
※沖縄の冬は案外天気が悪いのです。

当時、やりたいことを探していました。

まあ、よく言えば【自分探し】的な(笑)

一旦、社会というレールから外れてしまった自分に
高揚しつつも
【これからどうするんだ?】という問い。

なんだかいつもそんな自問自答をしていました。

小さな島は日本各地から様々な人が働きに来ていて、
(あ、海外から来たひともいました)
もういろんな個性がぶつかりあっていましたね(笑)。


協調性って何かしら?
みたいな世界です(笑)

 

そんななか、ある出来事が起きたんです。

 

たぶん、この時期になると思い出してしまうんだろうな、と

思います。

 

【あの日】を境に

沖縄地方に初夏がやってきた気がしました。

 

イメージでいうと

それは鮮やかな青で、しっかりと夏の匂いと

風の暖かさを肌で感じた日。


だからかなぁ、
3月は少し切ないのです。


人生ははっきりと終わる瞬間がある。


【そこ】に触れたとき、
ああ、生きている、という実感も感じられる。

僕は、まだまだ死ねない。

【あの日】にはっきりと分かったのです。


春、はね、
いろんな感情を引き起こしますね。

毎年、3月になると

あの小さな島の暮らしを思い出すのです。







-------------------------------------------------------------------------

完全予約制。

『味わう整体院』早稲田駅前整体院yabecafeは

慢性症状専門の整体院です。

『痛くない』『自然な骨盤矯正』も人気です。

 

 当院の施術イメージ及び院内のイメージが

お分かりいただけるインタビュー形式の動画です。

↓↓↓

www.youtube.com

東京メトロ東西線早稲田駅徒歩30秒。

TEL  03-6228-0355

 現在、初診の方限定キャンペーン中です!!

 詳細はこちらで↓

 

Twitter時々つぶやきます。(フォロー歓迎。基本フォロー返し致します)

 

早稲田駅前整体院yabecafeのTwitterもはじめました!!

広告を非表示にする