読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿区早稲田駅前整体院yabecafe・矢部ナオトの心と体の健康法

医師が考案した整体で慢性症状改善!痛くない、気持ちよい操体法をベースにした整体。 高田馬場から1駅。東京メトロ早稲田駅30秒、新感覚な【味わう整体院】『早稲田駅前整体院yabecafe』(http://www.yabecafe.com/)を運営しております。プロも太鼓判を押す『不思議な整体』。臨床のこと、日々の暮らしの何気ないことを綴っていきます。

記憶の中の原宿(とその界隈)

ひとりごと

f:id:yabecafe:20160326112920j:plain

20年前位の記憶を辿る。

 

当時まだ埼玉の実家に住んでいて、10代の自分にとって東京は

近くて遠い大都会だった。

 

当時(90年代)の原宿~渋谷界隈は、

今より独自の文化が根付いていて(シブヤ系しかり、裏原系しかり)

遠くからそっと眺めているちょっと憧れの存在のような街だった。

 

そんな原宿で思い出した。

結局行けなかった店。

 

竹下通りを抜け、明治通りに面した所にあった

『オー・バカナル』

 

残念ながら、だいぶ前(2003年とのこと)にビルの立替えとともに

無くなってしまった。

 

10代の終わりから二十歳そこそこの頃、

原宿に行き、あの店の前を通るたびに

『やっぱり東京は違うなぁ。こんなお洒落な店があってお洒落な人たちが

沢山集まって』

と羨望の眼差しを向けながら、心の中で思っていた(笑)

 

大人になったらあんな店に行けるのだろうか。。

と。

 

今でこそ、オーバカナルはあちこちにあるが、

あの時代のあの原宿のオーバカナルに

一度行ってみたかったな、と大人になった今思う。

 

僕が原宿界隈に再び向かうようになったのは

30才を過ぎてから。

 

何て裏通りが楽しい街なんだ、と思ったのはそのあたりから。

原宿というか、表参道というか。

まあ、その界隈。

 

楽しい思い出も、悲しい思い出も記憶のなかにある街。

 

子供ができて、久々に行くと、

それはそれで楽しい。

 

意外と子供連れにも優しい街だったりするのだ。

 

好きな店もいくつかできた。

yabecafe.hatenablog.com

 

オーバカナルのように、

今は無き店もある。

 

結局、街も人も店も新陳代謝を繰り返しながら

流れていくんだな。

 

同じ風景は二度とない。

 

今、原宿はちょっとだけ近い街になった。

 

それがちょっと嬉しい。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

私はこんなことをしています↓

 

『味わう整体院』早稲田駅前整体院yabecafeは

慢性症状専門の整体院です。

 

 当院の施術イメージ及び院内のイメージが

お分かりいただけるインタビュー形式の動画です。

↓↓↓

www.youtube.com

 

東京メトロ東西線早稲田駅徒歩30秒。

TEL  03-6228-0355

 詳細はこちらで↓

 

Twitter時々つぶやきます。(フォロー歓迎。基本フォロー返し致します)

 

早稲田駅前整体院yabecafeのTwitterもはじめました!!

 

広告を非表示にする